広告と友人のI君

友人のI君から、彼が所属する演劇部のプログラムに広告を出さないか、との問い合わせがあった。費用はI君が出すからとのこと。この広告とは文化祭のプログラムとかによくある、企業とかに一枠いくらで買ってもらってそれでプログラムの印刷費用とか諸費用をまかなおうとするあれのことである。しかし、ボクの広告に金を使うぐらいならいっそ、I君個人の広告を出してみてはどうかと提案。もちろん、内容は彼女募集である。通常、広告といえば商品のセールスポイントを記載するものであるが、人を不愉快にさせるほど面食いであるI君であるからして、当然どういう女性がいいかを延々書き連ねた勘違い広告を出すつもりである。そして彼の写真などは載せず、劇中であの役をしたのがI君ですってな感じでフリーメールアドレスなんぞ記載しようと思っている。というかその原稿はボクが書くことになった。あれだな。ボクはもっとまじめに働かないといけない。

— posted by ボク at 12:04 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0137 sec.
prev
2007.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 








リンク集
日帰りアウトドア
もっと徳島を知ろう
食欲を抑えるダイエット
FP3級の用語と計算方法
宅建試験過去問の合格暗記
日商簿記試験の合格暗記
末広茶道教室
金剛禅総本山少林寺徳島渭東道院